ホーム > 独自技術について > US-Z (ウスゼット)

US-Z (ウスゼット)

超薄型立体画像制作技術。
厚み10〜30mmのクリスタルガラスや建築用ガラス向けの立体画像を制作します。
画素となるクラックポイントの方向・屈折率・配置などを調整することにより、
TECTONE技術で制作された立体データをZ(厚み)方向に圧縮することができます。
(2012年開発)

US-Z (ウスゼット)
US-Z (ウスゼット)